シズカゲルの全成分とそれぞれの成分の簡単な解説

シズカゲルの全成分 シズカゲルの全成分

「シズカゲルに苦手な成分って入ってないかな?」と気になっているあなたのために全成分の一覧とそれぞれの成分の簡単な解説をお届けします。

アトピーなどで肌が弱い方の購入判断の参考になりましたら幸いです!

シズカゲルの全成分一覧

こちらがシズカゲルの全成分です。

有効成分:アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:アルニカエキス、米糠抽出物加水分解液、ゲンチアナエキス、クワエキス、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、アーティチョークエキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、ヒメフウロエキス、カモミラエキス(1)、マロニエエキス、ダイズエキス、3-0-エチルアルコルビン酸、セイヨウナシ果汁発酵液、オトギリソウエキス、トウキンセンカエキス、ポリグリタミン酸塩、トレハロース、オクラエキス、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、異性化糖、オウゴンエキス、チンピエキス、コンフリーエキス、イザヨイバラエキス、ボタンエキス、L-アスコルビン酸2-グルコシド、マルトース・ショ糖縮合物、精製水、3-メチル-1,3-ブタンジオール、1,2ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、ソルビット液、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、水素添加大豆リン脂質、フィトステロール、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、硬化ナタネ油アルコール、エデト酸二ナトリウム、天然ビタミンE、水酸化カリウム、フェノキシエタノール

シズカゲルの全成分を1つ1つ簡単に解説

シズカゲルの全成分をそれぞれ解説していきます。

アルブチン

別名ハイドロキノン誘導体。有効成分。メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ効果がある。

ハイドロキノンとは別物で作用を穏やかにして安全性を高めたもの。

グリチルリチン酸ジカリウム

抗炎症の有効成分。ニキビや肌荒れを防ぐ効果がある。

漢方の甘草(カンゾウ)由来の成分で安全性が高い。

アルニカエキス

アルニカの花のエキス。紫外線対策、抗炎症などの働きがある。成分改定に伴い加わった成分。

米糠抽出物加水分解液

新保湿成分・バイオピュアブランの成分の1つ。優れた保湿効果。

ゲンチアナエキス

新保湿成分・バイオピュアブランの成分の1つ。

クワエキス

新保湿成分・バイオピュアブランの成分の1つ。

テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル

ビタミンC誘導体の1つ。

アーティチョークエキス

引き締めや紫外線対策などの作用が期待される。

ビルベリー葉エキス

ポリフェノールが豊富に含まれていて、お肌の調子を整えてくれる。

セイヨウオオバコ種子エキス

お肌のハリに働きかけてくれる。

ヒメフウロエキス

お肌のハリに働きかけてくれる。

カモミラエキス(1)

お肌の引き締めや抗炎症などが期待される。

マロニエエキス

お肌を引き締める成分。

ダイズエキス

保湿やお肌のハリに働きかけてくれる成分。

3-0-エチルアルコルビン酸

ビタミンC誘導体の1つ。

セイヨウナシ果汁発酵液

お肌をなめらかにしてくれる成分。

オトギリソウエキス

炎症を抑えたり、お肌を引き締める成分。

トウキンセンカエキス

お肌を整える成分。

ポリグリタミン酸塩

お肌の保湿力を引き出し包み込んでくれる。

トレハロース

保湿成分。

オクラエキス

水分蒸発を抑える。保湿作用。

N-ステアロイルフィトスフィンゴシン

ヒト型セラミド。水を抱え込む力が強く、強力な保湿作用を持つ。

異性化糖

保湿成分。他の保湿剤と比較して湿度が低くても保湿効果が高い。

オウゴンエキス

お肌の引き締めや保湿。

チンピエキス

温州ミカンのエキス。お肌の保護、抗炎症、めぐりUPなどが期待される。

コンフリーエキス

保湿、引き締めなど。お肌を健やかに保ってくれる。

イザヨイバラエキス

保湿、お肌を保護してくれる成分。

ボタンエキス

保湿、紫外線対策などお肌を保護してくれる。

L-アスコルビン酸2-グルコシド

ビタミンC誘導体の1つ。

マルトース・ショ糖縮合物

保湿、お肌を整える役割。

精製水

水のこと。様々な成分を混ぜ込み化粧品となる。多くの基礎化粧品のベースとなる成分。

3-メチル-1,3-ブタンジオール

保湿剤。抗菌作用もある。

1,2ペンタンジオール

保湿剤。抗菌作用もある。

1,3-ブチレングリコール

保湿剤。抗菌作用もある。化粧品のBGのこと。

濃グリセリン

代表的な保湿剤。

ソルビット液

保湿剤。化粧品表記ではソルビトール。

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体

乳化(水性成分と油性成分を混ざりやすくする)もできる増粘剤。

カルボキシビニルポリマー

代表的な増粘剤。化粧品表記ではカルボマー。

水素添加大豆リン脂質

天然の乳化剤。お肌の構造に似ているため、保湿効果が高い。

フィトステロール

化粧品の安定化に使われる。水分の蒸発を防ぐエモリエント効果もある。

疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース

増粘剤、化粧品の安定性を上昇させる。

トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル

お肌への感触をよくする役割。

硬化ナタネ油アルコール

天然の乳化剤。化粧品を安定させる役割。エモリエント効果もある。

エデト酸二ナトリウム

キレート剤。化粧品に含まれる金属イオンを除去して劣化を防ぐ。

天然ビタミンE

ビタミンEのこと。化粧品の酸化を防ぐ。

水酸化カリウム

カルボマーを中和して増粘させる役割。

フェノキシエタノール

防腐剤。自然界でも玉露茶から発生して大気に存在している。

配合上限が1%とで、範囲内であれば基本的に問題ない。

ただ、バリア機能が弱い場合まれに刺激になるケースがある。

まとめ

シズカゲルの成分は基本的に安全性に問題のある成分はありません。

ただ、フェノキシエタノールやビタミンC誘導体など人によっては刺激になるケースもゼロではありません。

シズカゲルは肌に合わない場合は30日間の返金保証も利用できます。

気になる方はシズカゲルの口コミの記事もありますので、合わせてご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました